モバイルとデスクトップ

通学の防犯対策をお考えの方は「まもレール」

子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。サービス利用時の初期費用は一切不要です。月々の費用だけでご利用が可能となっております。電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。チャージ残額も通知される見守りサービスは、まもレールだけです!子どもの居場所の確認だけでなく、残額確認やお迎え時間の予定が立てられるなど、便利にお使いいただけるサービスです!時期によっては、お得なキャンペーンも実施しております。当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。子どもの成長とともに、行動範囲が広がることに抱く不安を、当社サービスがサポートします!当社のサービスは、電車通学をしている幼稚園から高校生のお子さまがいらっしゃる、お父様お母様など皆様におすすめです。見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります!お子さま1人、通知先1箇所で月額制となっており、比較的安価なサービスとなっております。見守りサービスのICカードは、Suicaだけでなく、PASMOでも利用が可能となっております。新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。ホームページでは、サービスの情報だけでなく、子どもへの声のかけ方など、子育てに関わる情報も配信してます。JR東日本アプリでの通知を選ぶことも可能で、アプリでは履歴の管理もできるため便利な仕様となっています。JR東日本のアプリで通知を受けることも可能となっております。JR東日本、山手線・中央線(東京~高尾駅間)にて、当社のサービスを開始いたしております。いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。塾や習い事で電車を利用するお子さまを持つ保護者さまにとっては、うれしい見守りサービスとなります。

関連記事