人が集まるリビングに防音ラグ

集合住宅の騒音問題はとても大切です。お互いに気持ちよく毎日を過ごせるためにもこうした事に気を配るのは今は当たり前なのではないでしょうか。多少費用がかかってもあらかじめできることはしておきたいですね。最初だけ少し頑張っておけばその後も生活しやすくなるはずです。例えば防音ラグなども人気があるようですね。床に敷いておくだけで音をある程度やわらげてくれるのでとても助かります。特に人がよく集まるような部屋は気をつけたいですね。リビングなどは人の出入りもありますし、何かと使用する頻度も高い場所です。物や人の移動なども頻繁におこりますので防音対策は必要なのではないでしょうか。リビングだけでもいいのでこうしたラグを敷いておくとだいぶ違ってきそうです。今はデザインなども優れたものが増えていますので部屋の雰囲気に合わせて選べるといいですね。

防音ラグ子供部屋など

子供がいるとどうしても足音などがうるさくなりがちです。マンションなどに住んでいると階下の人に対していろいろと気を使う事も多いのではないでしょうか。ただ、子供の場合はいくら言い聞かせても大人のように静かにはしてくれません。こちらもイライラが募るだけですし、もっと他の方法で防音対策をする必要があるでしょう。防音ラグなどはそういう時にはとても便利です。ラグですので子供がいつもいる場所等に設置してあげるといいかもしれませんね。子ども部屋がある場合はそこに敷いてあげるといいでしょう。それだけで気持ちも楽に過ごせそうですね。ブロックなど音がするもので遊ぶ時はラグの上を利用する等ルールを決めておいてもいいかもしれません。リビングなど人の出入りがある場所などもいいですし、動線や用途なども考えて設置してみるといいでしょう。

防音ラグ使っています。

賃貸の2階に住んでいる我が家。床下収納がついた物件だからか、上下左右の音が聞こえることはほとんどありません。でも、娘が歩き出してからは念のためと思い防音ラグを敷いています。すべての部屋に敷くのは難しかったので、昼間によく過ごすリビングだけに6畳ほどのラグを敷き詰めています。収納の関係で床下が空洞になっていることもあり、元々夫がドスドス歩く音が隣の寝室なんかにも響いていたのですが、ラグをしいてからは明らかにその衝撃が少なくなって、防音効果があることを実感しています。うまいことラグが衝撃を吸収してくれているんだなーと思います。厚みが1センチ弱あるので、歩き始めたばかりの頃は娘が何度か縁に足を取られて転んでいましたが、3歳になった今ではきちんと気をつけているのか、転ぶこともありません。何度注意してもテンションが上がると部屋の中を走ってしまう娘。きちんと歩けるようになるまでは、ラグのお世話になろうと思っています。